仏壇 値段 曹洞宗

仏壇の値段 曹洞宗の場合・・・

禅宗の一派とされる曹洞宗は武士に多く広まった宗教としても有名です。

 

曹洞宗は「座禅をし悟りを開く」ということを教義としていますから、仏壇は先祖を供養するスペースというよりは、家の中の寺院という考え方のようです。

 

ですから、ご先祖様への感謝や供養はもちろんのこと自分を戒めたり、自分を見直す場所としての位置づけですから、立式の仏壇だと何か言われるわkではありませんが、曹洞宗の教義からかけ離れてしますのかもしれませんね。

 

 

曹洞宗の仏壇の場合、紫壇や黒壇がほとんどで、金箔や金粉で飾られることはありません。

 

禅宗の場合は「質素」であることの美しさを問うていますから、金仏壇はオススメできません。

 

仏壇の上部には蓮の花などがあしらわれ、仏様のおいでになる世界である須弥山(しゅみせん)が表されており、仏壇の中心には本尊であるお釈迦様が祀られています。

 

 

曹洞宗の場合、仏壇の値段は300万〜600万が相場で、素地の木材の原産国によっては100万円代のものもあります。

 

しかし、日本製の桧や松は耐久性にすぐれており、修理や買い替えなども必要ありませんし、日本の伝統文化である木材彫刻も美しいため、ほとんどの方が日本製の仏壇を購入される事が多いようです。

 

海外製の仏壇の場合100万円以下で仏壇を購入することができますが、仏壇という文化がない場所でつくられている事から、とても簡素化されており、木肌もとても粗く製品として仏壇というには少々物足りなさを感じるでしょう。

仏壇の総合情報

<スポンサードリンク>

仏壇の値段 曹洞宗の場合・・・関連ページ

サイズの単位がバラバラなのは何故?!
仏壇を購入しようと思ったとき、仏壇によってサイズがさまざまでどれを選んでよいのかを迷ってしまいます。仏壇のサイズも家具調仏壇、一般的な仏壇、浄土真宗で使われる金仏壇では、それぞれ単位なども違います。
仏壇の値段・相場
仏壇の値段・相場について解説します。基本的には仏壇の種類によって値段の相場は様々です
浄土真宗の仏壇の値段
浄土真宗の仏壇の値段について解説します。
仏壇の値段 浄土宗の場合・・・
浄土宗の場合の仏壇の値段について解説します。
仏壇の値段 真言宗の場合・・・
仏壇の値段 真言宗の場合について解説します
仏壇の値段 日蓮宗の場合・・・
仏壇の値段 日蓮宗の場合について解説します。